▼但馬牧場公園とは?/但馬牧場公園ってこんな施設

WATTS

 兵庫県立但馬牧場公園は、兵庫県が世界に誇る但馬牛が「但馬へ行っても見ることが出来ない」という声に、但馬の緑豊かな自然を生かし銘牛但馬牛のPRと生産振興の拠点として、また、但馬牛・羊・山羊などの動物や自然とのふれあいを通じて安らぎと憩いの場を提供し、四季を通じて都市と農村の交流を促進することにより地域の活性化を図ることを目的に平成6年にオープンしました。

 公園は大きく3つのエリアに分かれており、「ファームビレッジエリア」としてビジターハウス、但馬牛博物館、小動物のふれあい広場、食事・宿泊のできる交流センターが。「畜産エリア」として但馬牛を見て、触れることのできる展示牛舎や、農家の方が但馬牛を飼育する牛舎が。さらには夏は但馬牛の放牧場として、冬はスキー場となる「スキー場エリア」があり、総面積で210ha、甲子園球場の約50倍の敷地を有しています。

 公園で飼育している動物は但馬牛、羊、山羊、ウサギ、ワラビーなどで、但馬牛のブラッシング、飼育体験などでき、小動物に安心してふれあっていただける広場もあります。

 また、来園された皆様に楽しんで頂くため、年間を通じて蕎麦打ちや竹輪作りなど食品加工体験のほか、春にはオープニングイベントとして但馬ビーフの試食や羊の毛刈り体験、のどかなウサギレース、夏はそうめん流し、秋は但馬牛まつり、冬は雪上運動会・雪像コンテストなど四季を通じて年間50回以上のイベントを開催しています。

 公園の動物たち、職員一同、皆様のお越しをお待ちしております。
2015.11.04 更新

PAGE TOP